FLAG

アクセスカウンタ

zoom RSS 「The Entertaner」

<<   作成日時 : 2013/11/24 13:13  

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

子供たちがまだ小さい頃

一緒に子供番組を見ていた

そこには まだ若い(いまでもじゅうぶん若いけど)AMUROちゃんがいて

そしてときどき DAICHIって男の子がでていた

まだ小学生で はきはきした とっても可愛い男の子だった

しばらくすると DAICHIくんを中心にして音楽グループができて

そこで 歌っているDAICHIくんの歌声を聴いてドギモを抜かれた

ものすごい声量のハイトーンボイス。「この子 すごい!」

私がシンガーとして初めて意識した日だった

それから ときおりテレビで見かけていたDAICHIくんは
ある日テレビから姿が消えた。休業したと後で聞いた。

それから長い長い月日が流れて

ネット検索していたワタシにDAICHIくんの復帰のライブニュース。

ライブに行く前にアルバム聞かなくちゃ。

アルバムが出ていたのは知っていたけど すぐ聞かなくちゃ。
とは 思っていなかったんだよね。

あのDAICHIくんが どんな声になっているのか、
どんな音楽を歌うのか。幼かったDAICHIくんの音楽からは想像できなかった。

そのアルバムを初めて聴いた時の衝撃は 今でも忘れられないし
きっと 絶対 忘れられないと思う。

ずっと 洋楽を聞いてきた私が 日本人でR&Bを歌っている
17歳の才能に驚いたから。

ライヴに行って また驚いた。

生なライブが CD以上のクオリティだったから。
そんなクオリティのライブに行ったことがなかったから。
そのうえ ダンスのジャンルが 今まで見たこともなかったようなジャンルで
彼は プロのダンサー以上に踊っていて しかも歌いながらだったから。

全部が17歳のDAICHIくんだった。

大知くんは 休んでいるあいだも自分を磨いていて
自分のやりたい音楽を模索し 自分のやりたいダンスを模索し
ずっと それをがんばってたんだなあ。
そんなふうに思った。

アルバムの評価はとっても高かったけれど 日本の音楽シーンには
すんなり 馴染めるものではないだろうと思った。

大知くんの目指すものが やりたいものが 日本で理解されるのか
ずっと 不安な時期もたくさん たくさん あった。

でも 今 振り返って思うけど あの休んでいたときに
自分の目指すものを信じて 自分を信じて ずっと努力してきた
大知くんのチカラは、評価されるのに時間がかかっている時でさえも
変わらず ずっと 前をみつめて 頑張ってきたんだなあと思う。

いろんな 回り道をしながら。

そして たくさんの時間が流れて 今度「The Entertaner」として
ひとつ 結実したんだなあと思う。

あの「D-Rock With You」に続く道へ。

あのアルバムを聴いて 当時日本に日本のR&Bなんて言葉が
存在したかどうかもわからないし

大知くんはR&Bとかいうジャンルにこだわらず 
自分のやりたい音楽という広い意味での音楽と捉えていると思うけれど

私は 日本人で日本語の言葉で世界に受け入れてもらえるひとに
なれるのではないのかと、あのアルバムを聴いたとき思ったんだよね。

大知くんの音楽たちは そのひとつ ひとつが大事な思い出に包まれていて
わたしにとっては 宝物たちだ。

日の目を見なかったけれどこのブログタイトルになっている「Flag」だって

あの大知くんの「FLAG」を忘れたくなくて付けた名前だ。

ずっとシングルリリースができなくて リリース出来た時の
とびあがるほど嬉しかった気持ち。

ライブ活動ができなくて どんなちいさいイベントでも飛んでいった気持ち
そんな数年間の全てが 楽曲ひとつ ひとつにつながってる。

だけど 正直 物足りなかった

大知くんの求めている 作りたい音楽は どこか違うはず。
私の求めている 音楽もどこか違うって。

そんな 私の想いが やっと「The Entertaner」で重なった。

大知くんは、 海外の音楽シーンに 
日本人のミュージシャンとして受け入れてもらえるはず。

という私の夢はきっとかなうと信じている。

ダンスの世界に国境がなく 素晴らしいダンサーが正当に評価されているように。

大知くんのダンスは 大知くんの音楽を表現する手段なんだなって。

そんな ダンスを持っている大知くんは やっぱりすごいよ。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
はじめまして!!
まさに!本当にそう思います。そして、大知は何も変わらず真っ直ぐ自分を信じやり続けてきたことが今に繋がってるんだろうなと思います。
K-Do
2013/11/27 22:19
K-Doさん

コメントありがとうございました。
お返事遅くなって申し訳ありません。
奈良のライブに参加しておりました。
大知くんの笑顔が最高で、とても心満たされて
帰ってまいりました。
これからも、大知くんを信じて自分を信じて
ともに音楽を楽しみたいなあと、思ってまいりました。
読んでいただいて、コメントまでいただいて
嬉しかったです。
ろーず
2013/11/30 18:10

コメントする help

ニックネーム
本 文
「The Entertaner」 FLAG/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる